ALUMNI

活躍する卒業生

雪浦聖子

Seiko Yukiurasneeuw

東京大学工学部船舶海洋工学科卒業後、TOTO株式会社入社。2005年 TOTO株式会社を退社しエスモード東京校に入学。2009年卒業後に自身のブランド「sneeuw」設立。

エスモードを選んだ理由

子供の頃から洋服のデザインの仕事に就きたいと思っていましたが、両親の希望もあり大学で環境系の勉強をしていました。卒業後はデザインはできなくてもものづくりに携わりたい、身近なものを作っている会社に就職したいと思いTOTOのウォシュレットを設計する部署に入社、4年在籍しました。TOTOでの4年間は刺激も多くやりがいもありましたが、子供の頃から憧れていたファッションデザイナーの夢が諦められず、26歳の時に退社しました。 友人の勧めもありエスモードに関心を持ちました。学生や先生方の様子や授業の雰囲気に真摯なものを感じ、また大学や社会人を経験している自分と年齢の近い人が多いこともわかりすぐに入学を決めました。

卒業後の活動

入学してからは、学校見学の時の印象そのままで、良い環境の中で先生や同級生から刺激をもらいながら勉強できとても楽しかったのですが、同時に課題に追われる日々でもありました。 ただ、自分が勉強したいと願ってきたことだったので、好きなことをここまで頑張れるって幸せだなとも思っていました。エスモードでは、幅広く学ぶことができましたが、特に自分のものづくりのコンセプトを問われ続けました。 考える時間をたくさん持てて、先生やまわりの同級生から意見ももらって、そこで見つけたもの、感じたことは今でもものづくりに活かされています。

今のファッション界をどう捉えていますか

「YEAH RIGHT!!」でアシスタントを経験した後、2009年にブランド「sneeuw」を立ち上げました。 2回目の展示会で、自分が憧れていたセレクトショップのバイヤーがいらしてオーダーしてもらえるという夢のような出来事があゆうk。 それがきっかけとなり、他のショップにも置いていただけるようになりました。エスモードでは、多くの友人ができたことがとても大切な宝物となっています。 活躍する同級生からたくさん刺激を受けています。 自分のやりたいことをしっかり見つめて、それがファッションだと思ったのであれば、そこで頑張っていると、例え他にやりたいことが見つかったときにもその経験は必ず活かされると思います。

これからファッション界を目指す人へメッセージ

エスモードで学んだことはもちろん、多くの友人ができたことがとても大切な宝物となっています。 活躍する同級生からたくさん刺激を受けています。 自分のやりたいことをしっかり見つめて、それがファッションだと思ったのであれば、そこで頑張っていると、例え他にやりたいことが見つかったときにもその経験は必ず活かされてくるので、めいっぱい頑張れる場所を見つけてください。

個別カウンセリング

イベント情報

資料請求

個別カウンセリング

イベント情報

資料請求